別れ話をしたけれど別れられなかったケース

恋人同士、夫婦で別れ話がでたけど別れて
いないって人は結構います。

 

その反面何気ないケンカで別れてしまったと言う方も
多いと思います。

 

別れる原因にもよりますがお互いがきちんと
向き合い話し合う事で別れ話をしたが
別れず今では仲良くしているといったケースも
増えて来ています。

 

年齢によっても別れ話をしたが別れていないケースも違うようです。

 

今の若者のケース

 

前代の若い世代では、「次の新しい相手を見つけられる」
「やり直しが効く年齢」と言う事もありますが、
別れたくないとい相手からの要望にもう少し様子が
見れるという時間の余裕が見られます。

 

結婚を意識して付き合っている訳ではない若者世代は
相手に高い条件を求めていないと言う理由もあります。

 

若いだけあって別れの理由も些細なケンカの
延長線上なので仲直りするのも早いですね。

 

結婚を意識してしまう年齢の別れ話

 

若者と違い結婚を意識していると相手に求める
ものも多くなってしまいケンカも濃い物となって
別れ話が出た時には別れてしまうケースが多い様いです。

 

しかし、大人の恋愛ですので相手の事を理解でき、
自分の反省点を見直すことも出来るので話し合う
事によって別れを回避できお互いの信頼をもちつつ
安心した交際を続けて行く事ができます。

別れ話で失敗をしないように

 

結婚を意識しすぎると、失敗をしない相手を選びがちです。

 

お互いの意見を尊重できる年齢とも言えます。

 

年齢を重ねるごとにいろんな人との出会いがあり
比較してしまう事もありますが、揉めることがあって
別れ話に発展していても時間が解決してくれ、
揉めたことを忘れるくらい「食事でもどう?」などと
関係を修復できるとも言えるでしょう。

 

大人の恋愛での落ち着いた流れともいえる部分です

 

年齢によっても突発的な「別れ話」ですが、話し合う事で
修復は可能です。

 

自分の意見だけではなく相手の気持ちや意見を
聞き入れる心の余裕がもてると相手も自分の事を
分かってくれると安心してくれます。

 

相手の立場で物事が考えれるようになれば
大人の恋愛として未来を一緒に考える事が出来ますね。

 

別れたくないと思っている方で相手から別れ話が
出た時には落ち着いて相手の意見を尊重しすぐに
答えを出してしまわない様にしましょう。

 

あの時別れなくて良かったと思えるような恋愛をしましょうね。