別れ話を切り出す時の相手への言い方とは?

別れを告げる時には悩みまくりですよね。。。。

 

「なんて言おう・・・」理由は何であっても言い出
しにくい物です。

 

別れたいけど好きあって一緒にいた相手だからこそ
傷つけずに終わりたいと思いますよね。

 

別れ話をする時の話し始めから言い方について考えて行きましょう。

 

相手の事を思うなら

 

今まで沢山笑って幸せを分かち合った仲。

 

ケンカも沢山したけれど最後くらいは穏便に
終わりたいですよね。

 

言う方も言われる方も精神的な負担はかかる
ものの最小限に傷つけずにしましょう。

 

別れ話をする前には、「別れの予感」をしてもらう事です。

 

別れを感じてもらう事によって別れる事を考えて
もらえるように準備してもらいましょう。

本気で別れたいなら

 

揺るがない気持ちで相手と別れたいと言う気持ちで
別れ話をしなければなりません。

 

別れたい理由はハッキリと伝え気持ちは変わらない事も
つたえましょう。

 

ここで大切なのは、相手の責任ではなく「自分の責任」
と言う事です。

 

相手への不満は言わず付き合って行けない理由
として「好きな人ができた」「好きではない」などの
ハッキリ伝える事です。

 

相手への不満を言ってしまうと「そこを直せば別れなくて済む」
と思ってしまうからです。

 

相手とは恋愛を続けて行く事が出来ないと
伝えましょう。

 

「別れましょう」「別れたい」などの相手へ「別れ」の
意見を求める言い方ではなく「別れる」という
強気な言葉で話しましょう。

 

別れ話をだらだらと話していたら、相手は
「押せば何とかなるかも」と思ってしまう事もあるので、
優柔不断な言い方ではなくキッパリと理由、
別れを伝えるようにしましょう。

 

徐々に距離をとって別れを予感させ、考える時間を
作る事によって話もスムーズに行く事が多く、自分の
気持ちは変わらない。

 

自分の勝手な思いであるが気持ちは変わらない。

 

相手とは未来は無いと言う事をきちんと伝えましょう。

 

相手の悲しい顔をみて別れるより、お互いが感謝し合い
ながら最後には「楽しかった」「ありがとう」と終る事が
出来るのが理想ともいえますね。

 

愛し合った相手だからこそ最後も笑っててほしいですね。