別れ話を保留にされた場合はどうしたらよいか?

別れ話をしたが前に進めずそのまま保留状態に
なってしまい「どうすればいい?」と思いますよね。

 

別れを告げた方も告げられた方も「保留」の期間は
どのくらいなのか?連絡はとってもいい?
など思い手に何もつかない状態になってしまう事もあります。

 

考えすぎて体調のバランスを崩してしまう方もいます。
解決に向けて保留について考えましょう。

 

別れ話を告げたが保留にされた場合

 

相手と付き合っていて「この人とやっていけない」
「一緒にいる事が苦痛になった」など別れを選ぶときには
別れ話を相手にしなければなりませんが、
相手が別れを拒む事で「別れ話が保留」になって
しまう事があります。

 

相手の保留に対して「早く別れたい」「納得いかない理由」
で保留をされそうな場合には保留には納得せずに
話し合いを進めて行きましょう。

 

相手の気持ちを汲み取り「ちゃんと納得の上別れたい」
「笑って別れたい」と思うなら、相手の気持ちを整理整頓
してもらうために保留期間を決めましょう。

 

寄りを戻す気が無いのであれば「気持ちは変わらない」
という意思をちゃんと伝える事が大切です。

 

態度と言葉で示し今までとは違うと言う事を伝えましょう。

 

別れ話を自分が保留にした場合

 

別れ話をされてしまい、動揺を隠せず気持ちの整理が
出来ないで答えを出さず保留にしてしまう事ありますよね。
別れたくないと思っていても相手の気持ちは離れてしまって
いる事を心が認めたくない・・・つらく悲しいと気持ちは
落ちてしまいます。

 

しかし、保留期間に別れを回避出来る事ならしたいですよね。

 

まず気持ちの整理整頓です。なぜ相手は別れ話をしたのでしょう。

 

落ちる付いて考え自分に否があるならば直すこともできます。

 

しかし相手からの別れ話の場合には相手の気持ちは
貴方から離れているのかも知れません。

 

保留期間と言う事は、また「別れ話」をする時がくると言う事です。
保留期間の間に貴方自身が変わる事も出来るのです。

 

あなたが変わった姿を見て相手の気持ちが戻ってくることもあります。

 

保留期間を貴方が置いた場合にはむみやたらと相手に
連絡をとり「別れたくない」と告げても相手の気持ちは
離れて行く一方です。

 

保留期間を設けられた場合を除き、あなたが相手の事を
理解できるようになった時に連絡しましょう。

 

保留期間が長すぎる場合には相手に別れたと
思わせてしまい自然消滅してしまいますので気を付けましょう。

 

2人の間で別れ話が出た時に、お互いの幸せを
考えれば悩む事もなく別れる事が出来ますが、
中々思うように行かないのが、今まで相手を思っていたと
言う証だと思います。

 

お互いに同じ目標や未来を見ていないのであれば
別れもお互いのために必要な事かも知れません。

 

別れても良き親友でいれば相談できる間柄で
連絡は取り合えるでしょう。

 

出逢った者同士、良き友で居れる事も素敵ですね