保留にした別れ話から音信不通に

別れ話を保留にしたけれど…

別れ話の際、話を保留にしてそのまま連絡が 途絶えた…なんて経験ありませんか? 別れ話を保留にする、という選択肢には、メリットとデメリット、 それぞれ大きなポイントがあります。 メリットとしては、「自分と相手の事を見つめ直せる」 「嫌だと指摘されたところを治すきっかけになる」ことです。 許せないことがあった場合、その内容を伝えて、 どうするべきなのかをお互いに考える時間が出来ます。

別れ話の保留は確認期間

また、自他ともに、うまく付き合っていたころと そうでない頃を比べ、何がいけなかったのかを 確認するいい機会となります。 デメリットは、相手から離れて夢中になれることを 見つけてしまった場合、そこにだけ熱中して別れ話に 関して考えないようにする、忘れようとする、という点です。 いわゆる、「音信不通状態」ですよね。 連絡が来ないのは話をしたくないだけではなく、 ただスマートフォンが壊れた、多忙だった、なんて こともあり得ますから、焦るのはわかりますが、 落ち着いて、まずは二週間ほど待ってみましょう。 別れ話を保留にしてから音信不通になる相手は、 大体「自分が振った」という悪者のようなレッテルが 嫌で自然消滅を狙うパターンもよくあります。

別れ話の『保留』は考える時間

保留にしたいという発言に賛同したということは、 相手も少なからず考える時間がほしいという 意思表示の現れと言ってもよいでしょう。 だからこそ、この時期に頻繁な連絡や直接会うということはタブーです。 相手が距離を置いて物事を考えたいと思っているのに アピールするのは、相手にとっては面倒でしかありませんし、 完全に逆効果です。 保留している間は冷静に考え、自分をも見つめ直す チャンスです。 『音信不通になるのでは?』『自然消滅になるのでは?』 と思うのであれば、期間を設けると良いでしょう。 二週間はほしいところです。二週間を過ぎたら お互いにコンタクトをとる、と言う約束を設けることで、 音信不通になる可能性をぐっと下げられるはずです。