別れ話をされたけれど延期にしたい

「別れたい」「別れたくない」とい気持ちが交差して
別れ話をします。
 
今まで一緒にいた相手だからこそきちんと話し合いをして
お互い納得の上で今後の事を決めて行きたいですよね。

 

相手からの別れ話は、少しでも貴方の事を思うきちんと
話し合おうと言う気持ちがあるので話し合いの場を
作っている訳です。

 

しかし別れ話をされる方は「別れたくない」訳ですから
別れ話なんてしてほしくないですよね。

 

別れ話を延期にしたい

 

別れ話なんてしたくない!!!この思いから延期という形を
取りたい場合には、「別れたいと思った理由」を理解する
必要があります。

 

貴方の事が本当に嫌で別れたいのか?

 

貴方の事を思い別れたいのか?貴方に傷つけられたから?
など理由はそれぞれありますが、一緒にいる日々の中で
貴方の嫌な部分が目についてしまい注意されても
なんとも思っていなかったり、直すつもりだったなど適当な
受け答えをしてしまっていたなど、思い当たる点を
見直していく必要があります。

 

相手は貴方を出来るだけ傷つけないようにするかも知れません。

 

その様な場合には相手は貴方への気持ちが全くなくなった
訳ではないので、貴方自身の改善を期待している場合も
あります。

 

自分の悪い所を自覚して「直すから待って」
「これからの自分を見て欲しい」などの気持ちで
相手に伝える事で、別れ話は延期になる事が多いです。

 

そこで貴方自身もきちんと見直して相手に
「別れたい」と思わせない様にしましょうね。

 

自分の気持ちの整理整頓

 

別れ話をする側は、話をする前とした後では
気持ちの変化はあります。

 

傷つけまいとしたことが反対に傷つけてしまったと
思い後悔してしまう事もあります。

 

別れ話をされる側は、ショックや動揺を隠せず泣いたり、
責めたりしてしまう事もありこれもまた相手を傷つけて
しまう事もあります。

 

お互い好き同士で一緒にいて楽しかった事、感謝する事を
忘れてしまいがちになってしまいます。

 

お互いが相手を思いやり、相手の気持ちに立って
話し合う事で円滑に話が進み、お互いを見直すことで
別れ話を延期する事ができます。

 

別れはお互いにとって重要な事なので、
即日即答を求めず気持ちに余裕を持って
冷静に話し合う事が大切ですね。