別れ話を会って話す、メールで行うのメリット、デメリットとは?

別れ話を会って話すメリットとデメリットについて

 

別れ話と言えば、会って話すことが真っ先に思い浮かびますよね。

 

お互い時間をとって顔を見ながら話すことで、
しっかり考えているのか?とかどれだけ真剣なのか?
など色んなことが読み取れます。

 

また、会って話すメリットと言えば、
顔を見ながら話せるため、結論をだすための判断材料
が豊富であることですよね。

 

しっかり考えた上で結論をだしていきたいということであれば、
かなり大きな利点だと思います。

 

 ただ、多くのことを読み取れる反面、デメリットも存在します。

 

相手の考えが伝わってきやすいからこそ、感情的にもなりがちです。

 

会って話す場合は、リアルタイムで話していくことになるため
、冷静に考える時間がとりづらいです。

 

気持ちがぶれてしまうと、自分にとって良いなと思える選択を
できない可能性もでてきます。

 

ですから、別れ話を会って話すという場合は、
目的をハッキリさせてから、話し合うとお互いに折り合いを
つけやすいでしょう。

 

そうすることで、ハッピーになれる選択が可能だと私は感じます。

別れ話をメールでするメリットとデメリットについて

 

 別れ話をメールでするという人が最近は増えましたよね。

 

別れ話をメールでするメリットとして思い浮かぶのは、
ゆっくり言葉を選びながら会話を進められることでしょうか?

 

送るまでに多少時間がかかるし、打ち込んだ文章は見直すことが
できるので、会って話す場合よりは、冷静になれる可能性が高いです。

 

ただ便利なメールにも、デメリットはあります。

 

顔が見えなくて、ゆっくり話せる分、一方的な会話で
終わる可能性もあるのです。

 

会って話す場合と違って、この時間まで話せるなどの
制限もかかってこないため、相手がもう話す必要はないと
判断した場合、充分な話し合いをすることができないまま、
話が途切れることがあるのです。

 

これは男性側がやることが多いですね。

 

 それに、インターネットの掲示板などはよく荒れがち
だという話も聞きますが、顔が見えないと、つい攻撃的な
発言をしてしまうという傾向があります。

 

メール自体は便利なのですが、その便利さゆえに、
向き合うのも、逃げるのも自由に選択しやすいのが
若干のデメリットと言えるのではないでしょうか?

 

こういったメリットデメリットをふまえた上で、
相手のタイプに合わせた方法を選ぶと、悔いのない
選択ができるのではないかと思いました。

 

前向きな気持ちになれそうな方法を選択しましょう。