別れ話を電話でする場合のタイミングと切り出し方

恋人や夫婦での別れ話を切り出すのは難しい事です。

 

今まで一緒に過ごしてきて楽しい思い出もあり
相手の顔をみて上手く別れ話を切り出せない事もあります。

 

別れには色々な事情がそれそれあるでしょう。

 

そこで別れ話を電話で出来ればいいな。と思っている方に
注意点があります。

 

電話での別れ話は相手の表情や状況が分からない事もあり、
言葉のかけ違いで伝わり方が変わってしまいます。

 

そこで別れ話を電話でする場合の切り出し方や注意点をまとめてみました。

 

ケンカの合間に別れを告げてそのままケンカ別れをした
という2人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際に別れ話をするのは言い出しにくい物です。

 

そこで別れ話を切り出すには、なんとなく別れを
予感させておく必要があります。

 

別れを予感させていないで別れ話をしてしまうと
「上手く行ってたのに」って相手は突然の別れ話に納得せず、
別れ話がこじれてしまいます。

 

そこで別れの予感をさせておく必要が重要となってきます。

 

あまり合わなくなる、連絡する期間を開けるなど距離を
少し置くのが良いかも知れませんね。

 

電話での別れ話なのですから相手が落ち着いて
話せる時間を把握しましょう。

 

別れ話の切り出し方について、久しぶりの連絡ならば、
いつもと違う話し方丁寧語「ご無沙汰してます」
「今、電話は大丈夫でしょうか?」
と言う風に話せば、少し距離感が生まれます。

そこで相手が普段と同じように返答しても距離感を
感じる言葉で話してみましょう。

 

「別れたい」と唐突に言ったのでは相手は動揺して
しまいますので、別れたい理由から話すことで相手
にも別れる事を意識させましょう。

 

相手が別れを感じた場合には別れ話を阻止しようと
する事があります。

 

しかし気持ちは変わらないと言う事をきちんと
伝える事が大切です。

 

別れ話を電話でする場合の注意点

 

相手の顔が見えない分、シビアな雰囲気を作り出す必要があります。

 

テンションを下げて話しましょう。明るいと本気で
別れたいと思われません。

 

声だけで深刻な雰囲気を出すことで相手も真剣に
耳を傾けてくれて理解してくれようとします。

 

別れ話をする訳ですから、近況報告や今までと
変わらない会話をしない様にしましょう。

 

別れ話の中に「相手のダメな所」を指摘しない様にしましょう。

 

そこを直せば別れなくて済むと思ってしまいます。
貴方と居ても未来がみえないなどの一緒にいても
将来を考える事ができないので「別れたい」と
はっきりと「別れたい」と言う事を伝えましょう。

 

自分から「別れ話」をするわけですから、自分を
少しでも良く見せる事はやめましょう。

 

相手からしてみれば別れ話をされている訳ですから、
貴方の優しさなどを感じてしまうと「別れない」と思ってしまいます。

 

相手が別れたくない為にあなたを必死に説得
してくることがありますが、相手の言い分や思いを
受け止めていると話が白紙になったり、別れ話が
こじれて終わらなくなってしまうので

 

「自分は付き合って行く事が出来ない。別れましょう」
「気持ちは変わらない」と言う事を明確に伝えましょう。

 

「別れ話」を電話でする場合には、自分の気持ちをハッキリと伝えて、
「別れたい気持ちは変わらない」事を伝え、「今まで有難う」
という感謝の気持ちで終れればいいですね。

 

電話での別れ話は冷静かつ明確に伝えましょう。