別れ話から逃げる彼氏には

きちんと別れ話をしたいのに…

 

別れ話をしたいのに、相手が逃げてしまう理由は、大きくわけて2つです。

 

1.話さえ聞かなければ別れられないと思っている
2.プライドが高く、振られることを嫌がる

 

1は、まだこちらに好意があり、そういった話をしたくない
という場合が多いですね。

 

しかしこの段階ではっきりと『別れたくない、解決策を講じたい』
と言う男性は少ないものです。

 

はっきりと物事を解決しようと協力するような男性であれば
勿論それに越したことはないのですが、逃げてあやふやに
しようとする男性は、この先大事な話し合いの場面でも
同じ行動をとることが予想されます。

 

大体の場合は今この場のことしか考えていない
場合が多いため、後日また話を切り出すのも
良いでしょう。

 

2は、これから降りかかる心理的ストレスに耐えられず、
別れ話を避ける男も含まれます。二人の関係が冷めていて
自分がただ単に別れたいだけというのであれば、
いずれ相手が話を切り出すその時まで放って
おいてもOKです。

 

ただし、このタイプは往々にして自分の立場を少しでも
優位にしたいと考える傾向があるので、根も葉もない話をして
「相手が悪いことをしたから自分が振った」といった状況下に
置かれる可能性もあるため気をつけましょう。

別れ話から逃げようとする彼氏には

 

こういった別れ話をするのは、聞く側ももちろんですが、
言う側だって嫌なものです。話し合いを前もってセッティング
するのではなく、会話の中に馴染ませるようにして
話を切り出すのもよいでしょう。

 

中々耳を貸そうとしない彼氏にイライラしてしまうかも
しれませんが、落ち着いて、相手の心境を理解しようと
すれば突破口は開けるはずです。

 

それでも逃げるようであれば、『話し合い』ではなく、
『別れましょう』とダイレクトに言えばよいのです。

 

もう自分にその気はない、とはっきりと言ってしまえば、
此方のものです。

 

相手が嫌がったとしても、話し合いの場を自ら逃した
のですから、向こうに何か異を唱える権利などありません。

 

毅然とした態度で行くのが一番でしょう。