同棲していた、彼氏、彼女との別れ話のアドバイス

同棲中の相手と別れたい…

 

人にもよりますが結婚の前準備のような感覚でする人が多い同棲。
かし、同棲する以前より関わる時間が増えることで、
「こんな一面があったんだな」「絶対に譲れないところでぶつかった」
「何だか合わないな」と思う瞬間が増えるものです。

 

それが積み重なってしまい、『もうだめだ』となった瞬間に
気持ちはガラガラと崩れてしまうもの。

 

そうなったときは、できるだけ早めに想いを伝え、きっぱりと別れて
しまうのが良いでしょう。

 

積み重なった思いというのは中々強固ですし、崩れることも
滅多にありません。お互いの為にも、はっきりと
別れを告げることを決意しましょう。

 

 

別れる前の事前準備も忘れずに

 

肝心の別れ話の切り出し方ですが…頭から「別れよう」
だと相手も混乱してしまいますよね。

 

よって、別れようと思ったら即行動!…ではなく、
その事前準備をしておきましょう。

 

相手には、何となく雰囲気をにおわせておくことが大事です。

少し素っ気ない態度をとってみたり、会話をわざと減らしたり。
相手に気がないことを匂わせておくのも重要です。

 

相手に気がないことを前々から態度で示すことで、
何となく相手には『冷めてきたのかも』という思いをさせる
ことが出来、当日話を持ち掛けた時に相手への負担も
軽減されるはずです。

 

また、別れた後の事も考えなくてはなりません。

 

実家や友人宅に直ぐに越せるならまだ良いのですが、
そうでなければ引っ越す準備を済ませてから別れを
切り出すのがベストでしょう。

 

 

別れ話の切り出し方は?どうやって伝えればいいの?

 

別れ話は慎重に行わなければなりません。言葉を慎重に選んだり、
場所をしっかりとわきまえないと、相手によってはプライドが
傷ついて逆恨みをされてしまうことになり、後々のトラブルに
なりかねません。

 

また、二人きりというのも避けたいので、公共の場、
なるべく個室のレストランなどで話を切り出すのが良いでしょう。

 

伝え方として大事なのは、相手を責めないこと。
出来れば、自分と相手の中間ぐらいを狙うと効果が期待できます。

 

相手の嫌になった部分に関しては、価値観や性格
のズレといった理由にすると、相手の心的負担も
減ることでしょう。

 

大事なのは、別れ話を切り出すにしても、今まで同棲していた仲なのですから、
相手に配慮し、しかし別れるという確固たる意志を持つことです。

 

離しているうちに錠を揺さぶられることもあるでしょうが、
そこはぐっとこらえて『別れる』以外の選択肢を
与えないようにしましょう。