別れ話の中での沈黙はどんないみなのか

別れ話での沈黙と聞くと「話の最中での沈黙」
「関係が沈黙」どっちを思い浮かべますか?

 

どっちにしても沈黙という時間は、なんだかさみしい感じがします。

 

別れ話の最中に、沈黙してしまうと話が進まず
気まずい雰囲気になります。

 

恋人、夫婦での「沈黙」はどういった時に起こるのでしょう。

 

別れ話の最中の沈黙

 

別れ話の最中に相手が何も話さなくなってしまい
「沈黙」になってしまうことがあります。

 

別れ話は2人にとって最後の話し合いなので「沈黙」に
なった場合には、お互いの事を考える時間、
理解しようとしている時間、思い出を振り返っている
時間とも言えるでしょう。

 

自分の気持ちを押し付けるばかりで、答えを早急に求めすぎると、
相手は心の中で整理整頓をしている最中なのに、
どんどん言われてしまえば混乱、怒りになってしまいます。

 

別れ話の最中に、相手が沈黙になったら気持ちの整理がつくまで待ちましょう。

別れてからの沈黙

 

相手から別れを告げられ「別れたくない」という気持ちは
あっても別れを選択しなければならない時があります。

 

しかし別れたくない相手だからこそ、連絡を取りたいと
思ってしまいます。

 

何か用事を探しては連絡をとってみたり、
相手の居そうな場所へと足を運んでみたりと
してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

何かしら理由をつけて相手と繋がって居たい気持ちで
いると相手は嫌煙してしまいます。

 

振られてしまった場合には強引なつながりを持とうとせず、
相手の状況も考えながら沈黙期間を置きながら「元気?」
と簡単なメッセージを送ってみれば、また進展する可能性も!!

 

別れた相手の事を思いたいのは解りますが、相手も
前に進んでいるのですから、自分自身も前に進んでみるのも大切です。

 

恋愛の沈黙期間

 

恋愛をしていて、相手とケンカや別れ話の期間での「沈黙」は、
気も落ち込み、何にも手につかない状況になってしまいます。

 

「このまま別れてしまうのだろうか?」と不安は募るばかり・・・
しかし、この沈黙期間は貴方にとって重要な時間とも言えます。

 

ケンカや別れの理由、これからの事などを考えれる時間でもあります。

 

相手の事を思い、泣き暮れていても前には進まないし、
相手にとっても印象は最悪なものになってしまうかも知れません。

 

この沈黙期間に自分自身の事も考えておく必要があります。

 

別れを選ぼうとしている相手に良い印象を作るための
「自分磨き」をしてみてもいいですね。

 

沈黙してた時間の間に素敵なあなたになっていれば、
相手も考え直すかもしれませんね。