つらい別れ話を相手に納得して別れてもらう方法とは?

いままで一緒にいたパートナーと別れる事はつらいこと。

 

別れ話を告げる方も告げられる方もつらいもの。
何らかの事情で好きなのに別れなければないないのならより一層つらい別れ話ですよね。
しかし、別れる理由はそれぞれあるもの。

 

つらい別れ話についてリサーチしてみました。今、別れ話を告げようとしている方、
告げられるかもと不安を抱えている方、相手の気持ちを理解するために読んでみて下さいね。

 

別れ話が進まない

 

パートナーに別れ話を切り出したら、納得してもらえず
揉めそうと思うのは当然のことです。

 

パートナーからしてみれば突然の別れ話はつらいもの。

 

別れ話をする前にはパートナーも多少は感づいている
事も多いのですが、心の準備や別れたくないと
言う事から話が進まず揉めてしまう事になってしまいます。

 

いきなりの別れ話はタブー

いきなり別れ話を持ちかけられたらパニックになってしまい、
どんな理由でも別れ話を受け止める事が出来ない事
が多いです。

 

「別れが近い」という事を感じさせておく必要があります。

 

気持ちを押し付けない

 

相手が「別れ話」を受け入られない状態では
何を言っても聞き入れる事ができない状態に
なった場合、自分の気持ちを押し付け気味に
なってしまっている事が多いようです。

 

相手の気持ちも考え時間をかけて説得するようにしましょう。

 

相手の都合に合わせましょう。

 

デート時など以外、お互いが仕事をしている場合
などは相手の都合のいい日や時間に合わせましょう。

 

別れ話のつらい気持ちをお互い理解しておく事も
大切です。確認してみましょう。

 

別れ話を告げる側のつらい気持ち

 

「自分が出した事が原因で相手への罪悪感がある」
「自分が悪者にならないといけない立場になってしまう」

 

「相手を傷つけてしまう罪悪感がある」
「情が湧き傷つく顔を見たくない」

 

別れ話を告げられる側のつらい気持ち

 

「告げる方はスッキリするだろうが、告げられる側は
心の準備も出来ていないのでダメージが大きい」

 

「相手の事がすきだから別れ話はつらい」

 

「立ち直るのに時間がかかる」

 

「別れを告げる方には別れる理由があるが、
告げられる方には別れる理由がないから、
自分の中で消化していかねければならない」

 

 

告げる側の気持ちは罪悪感を感じてしまう事が
多いようです。

 

別れを告げる側は自分の気持ちの
整理ができてから別れ話をする訳ですから、
別れ話をされる側のつらさを分からない所があります。

 

しかし、好きなのに別れなければならないと言う事が、
恋愛の中でも最大のつらさと言えるでしょう。

 

別れを告げられる側がつらいのとかみ合う所
がありますが、互いが思い合っているのに
別れなければならない状況もあります。

 

辛い別れのまとめ

 

別れ話をする方もされる方も恋を終わらせる
苦しみを伴い、つらい思いをします。

 

別れ話を告げる方は告げるまでのつらい気持ちや
罪悪感、告げられる方は告げられた後のつらさや
苦しみ、寂しさに心を痛めてしまいます。

 

納得のいく別れは中々ないかも知れませんが
お互いが気持ちを汲み取り、付き合った2人
なのでからこそ最後に思いやりが持てると素敵な
別れになるのではないでしょうか。